国内線は格安航空券で移動する

最近はLCC(ローコストキャリア)の台頭で格安航空券をネットで検索して旅行代理店を経由するよりも安く航空会社からチケットを購入することが出来る時代になってきました。最近ではLCCの路線も増え、主要都市以外にもある程度の規模の都市にもLCC飛行機が到着するようになってきましたが、まだ国内の空港全てに対応している訳ではないので、到着しない都市ももちろん多くあります。LCCの基準としては空港利用料の安い空港と利用者の多い都市を対象に拡大していっているようです。日本の空港は102箇所の空港があるそうですが、LCCに対応している空港は数が少なく、対応している都市も少ないため、まだまだ格安航空券が取得できるわけではありませんが、それでも多くの利用者が取得し様々なLCCが進出してきているので需要と供給ができれば、気軽に日帰りで、それこそバスを使うような感覚で様々な都市に行けるようになる日もそう遠くないかもしれません。いまは首都圏や京阪神地区のLCCがメインですので、主要都市に住んでいない人はあまり恩恵を受けていませんが、今後はもっと航空券も安くなってくると思いますのでそう遠くない未来で気軽に飛行機で移動できる時代もやってきそうです。